エンタメちゃんねる

気になる話題を毎日配信♪

南アフリカで現金輸送車が武装集団に襲撃される。その一部始終を捉えた衝撃映像

   

南アフリカのプレトリアで、現金輸送車が襲撃されるという事件が起こった。

その様子を捉えた車載カメラの映像がネット上で公開され、話題となっている。

運転手は、この絶体絶命の危機を見事なドライビングテクニックで回避。

銃を手に取り、颯爽と外に出て行く姿はまるで映画さながら。

車両は防弾仕様のトヨタのランドクルーザーで、投稿されていた画像からは、かなりの攻撃を受けていたことがうかがえる。

それにしても、銃撃を受けながらもこの運転手の冷静さ、身のこなし…これはただものではないと思った方も多いのではないだろうか。

ネット上の情報によると、この運転手の名はレオ・プリンスルー。

元 SAPS-STF(警察管轄の特殊部隊) 隊員であり、退官後は警備員として民間警備会社に勤務するかたわら、民間警備会社「エッジシューティングアカデミー」でインストラクターをしているのだとか。

一方で、助手席に座っていたもうひとりの警備員は警備会社での経験はあったものの、この会社に就職してまだ一週間足らずの新人で、勤務中に襲撃されるのは初めての経験だったとの事。

出典:
TBS NEWS

 - 事件