エンタメちゃんねる

気になる話題を毎日配信♪

日本のミサイル防衛に「中国や韓国の理解が必要なのでは?」という記者の質問に河野大臣の鋭い切り返しが話題に

   

2020年8月4日、閣議後に行われた記者会見での一場面。

ミサイルを増強する動きが見られる中国に対し、日本も専守防衛の方針のもと「相手領域内でも攻撃を阻止する能力」の向上が必要との自民党の提言が政調審議会で了承された。

その後の記者会見で、「相手領域内で攻撃を阻止する能力を検討するには、中国や韓国の理解が必要なのでは?」という質問が。

対する河野防衛大臣の回答は…


「主に中国がミサイルを増強していくときになんでその了解がいるのか?」


「なんで韓国の了解が必要?我が国の領土を防衛するのに。」

と、バッサリ!

マスクを取って睨みつける河野大臣、黙り込む記者…と、一時は緊迫した空気が漂う場面も。

動画サイトには


「この質問した記者に、自国を防衛するのになぜ他国の了解や理解が必要なのかを素人でもわかりやすいように説明してほしい」

「もう河野大臣が総理でいいのでは?」

「正論!河野大臣はこのままブレずに、存分にその手腕を発揮してほしい」

などのコメントが寄せられている。

 - 話題