エンタメちゃんねる

気になる話題を毎日配信♪

これは盲点だった…新型コロナウイルスは靴底に付着する事で広がる事が判明!

   

世界中で猛威を振るい、多くの死者を出した新型コロナウイルス感染症。

大国に比べ、感染者数の増加が緩やかだった日本でも、4月7日に緊急事態宣言が出された。

自粛要請で指定された施設は休業となり、出かけるのは最低限にとどめ、3密を避け、手洗い、うがい、消毒…

多くの人がこれらを心がけているにも関わらず、感染者の数字は増える一方。

しかも院内感染や保育所などの感染も相次ぎ、毎日のようにニュースで報道されるという現状。

先日、その要因の一つとされる衝撃的な研究結果が報告された。

▼それがこちら!

研究者達により、コロナウイルスの発生が始まった中国・武漢の病院にて、院内の壁面や空気などのサンプルをテストした結果、集中治療室で働く医療従事者の約半数が靴底にコロナウイルスを付着させた状態で移動していた事が判明。

この結果から研究者らは医療スタッフに対し、新型コロナウイルス感染症の患者がいる病棟を出る前には、必ず靴底を消毒することを強く推奨している。

これを見た人々の反応は…

確かに海外のような土足生活だと、いくら手洗いやうがいをしても靴の底についていたら家の中でも感染してしまう確率は高い。

靴を脱いでから家に上がるという日本式生活習慣が、感染拡大を大幅に防いでいたのか…

病院や学校など、靴を履いたままで過ごす施設で感染が多いのもこれで納得!

 - 驚く