エンタメちゃんねる

気になる話題を毎日配信♪

明徳・馬淵監督が脱臼した選手の肩を入れ、見事試合に復活させる場面が話題に

   

高校野球の高知県大会での出来事。

見事盗塁に成功した明徳・菰渕選手。

しかし、なんだか様子がおかしいと思ったら…

左肩を脱臼し、かなり痛そうな表情でベンチに戻ってきた菰渕選手の肩を入れ、見事試合に復活させた馬淵監督。

このシーンを見た人々は…

監督の判断を批判する声もあったが、この後交代して医務室と病院へ行き、きちんとケアもしているとの事。

スポーツやってるとこういうことは結構あるし、何よりベンチ内の雰囲気から選手と監督との信頼関係が伺える。

ただ、脱臼は癖になると言われているので、その辺りはしっかりとした治療を受けてほしいなぁ。

 - 話題