エンタメちゃんねる

気になる話題を毎日配信♪

凍りつく観光客たち…オランダの風俗街で、女性たちが通行人に訴えた事とは

   

売春・マリファナ・安楽死が合法化されているオランダ。

そんなオランダのアムステルダムにある世界的に有名な風俗街「Red Light District」。

ここでは赤いネオンと、通称「飾り窓」が立ち並び、窓ガラスの中から風俗嬢が通行人を誘う。

この光景は観光名所にもなっており、普段から多くの見物人で賑わっているという。

そんな街のある一角から激しい音楽が流れ、飾り窓の女性たちの一人が突如勢いよくダンスをはじめると…

別の部屋の女性たちも次々踊り始め、まるで一種のアトラクションのような盛り上がりに。

この見事なパフォーマンスに通行人たちは拍手喝采!

しかし、そのあとに表示されたメッセージは…

Every year, thousands of women are promised a dance career in Western Europe.
(毎年何千人もの女性が、西ヨーロッパでのダンサーとしてのキャリアを約束され、勧誘されている。)

Sadly, they end up here.
(そして悲しいことに、彼女たちは今ここにいる。)

STOP THE TRAFFIK.
(人身売買を止めよう。)

PEOPLE SHOULDN’T BE BOUGHT & SOLD.
(人は売買などされるべきではないのだ。)

彼女たちの背景を知った通行人たちは皆凍りつき、普段賑わいを見せている「Red Light District」は一気に静まり返ってしまった。

こちらはオランダの風俗街「飾り窓」で実施されたキャンペーンを撮影した啓発動画。

彼女たちは自ら望んでここにやってきたわけではないのだ。

普段何気なく目の当たりにする光景でも、その背景にはそれなりの事情や、衝撃的な真実が隠されているのかもしれない…

 - 衝撃